ゆるーくがんばろ

ここ10年ニート。しがない人生

トルコリラの運命を握る、エルドアン大統領

トルコリラの価値が暴落した。年初以来45%以上、価値がなくなっている。もちろん、fx投資家達も通貨選択型の投信も莫大な損失を出している。

president.jp

 

一番かわいそうなのは、トルコ国民であろう。公式発表ですら、19.9%ものインフレである。

そりゃ記事にあるように、ドルやユーロ、ゴールドで資産を守ったり、実物資産を保有したりするのだろう。

 

トルコ国民にとってみれば、高額な商品をトルコリラ建てで、クレジットカードで分割払いすることも増えるだろう。トルコリラ建ての住宅ローンもいいかもしれない。

 

渦中のエルドアン大統領は、「利下げこそがインフレ抑制する」というから、びっくりである。エルドアン大統領の出身母体は、建設業だと聞く。それを聞けば、納得いくような政策である。

ただ、一般的な経済学では、有り得ない話である。インフレ抑制のために、利上げすべきである。年15%の公定歩合で、インフレを収束できるか?謎である。