ゆるーくがんばろ

ここ10年ニート。しがない人生

60歳から65歳までの障害基礎年金

60歳から65歳までの間では国民年金保険料の納付義務はない。では、その間に、障害を負った場合、障害年金受給はどうなるのだろうか。

引用は、すべて日本年金機構ホームページである。

 

障害基礎年金とは
国民年金に加入している間、または20歳前の年金制度に加入していない期間、もしくは60歳以上65歳未満の日本に住んでいる期間に、初診日のある病気やけがによって、日常生活や仕事などが制限されるようになった場合に支給される年金です。

 

障害基礎年金は、日本に住んでいること、障害原因となった病院の初診日があれば、受給できるのである。

 

一方で、障害厚生年金は、

障害厚生年金・障害手当金
厚生年金に加入している間に初診日のある病気やけがで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。

とにかく厚生年金は、加入していないともらえない。

 

障害基礎年金は、たとえば、定年退職して、海外移住して障害を負った場合などは受給できないことがあるみたいです。お気をつけて