ゆるーく頑張るブログ

統合失調症と性同一性障害と戦う日々

付加年金と年金生活者支援給付金

あまりこの付加年金と年金生活者支援給付金との関係が書かれていないので、ブログに書いておく。

 

そもそも付加年金とは、

付加年金額は、「200円×付加保険料納付月数」です。例えば、20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は次のとおりとなります。

付加保険料を納めた分は、2年間でモトが取れます!

200円 × 480月(40年) = 96,000円

(毎月の定額保険料(令和元年度:16,410円)を40年間納めた場合⇒780,100円※令和元年度時点の金額)

というものである。毎年老齢基礎年金に加えて毎年96000円を支給する。

 

一方で、年金生活者支援給付金とは

年金の収入や所得が一定額以下の非課税世帯であって、65歳以上の人に給付される。支給額は年6万円(月5000円)である。

 

そこで、この両方を満額もらえると思ったらそうではない。

パブリックコメント:結果公示案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

 

順に説明すると、

国民年金保険料を40年納めて老齢基礎年金を満額受給する人は、年金生活者支援給付金を月5000円をもらえる。

国民年金保険料に加え、付加年金を納めた人は、収入条件を超えてしまい、補足的老齢年金生活者支援給付金をわずかもらえるだけ。付加年金の意義が薄れる。

障害年金の人にはもらえるのかというと、年金生活者支援給付金は月5000円もらえる。が、65歳以降に老齢基礎年金の受給するときに付加年金の給付が行われるので、65歳以上でも障害基礎年金を受給している人は付加年金はもらえない。

(付加年金や老齢基礎年金は65歳より前に繰り上げ受給できますが、老齢年金生活者支援給付金は65歳からです)


これは付加年金を納めてきた人にとっては、納めた割にはお得感がないものなのかもしれません