ゆるーく頑張るブログ

統合失調症と性同一性障害と戦う日々

ストーリーと寄付のビジネスモデル

事業を行なうにあたって、企業の経営理念が必要だ。

そして、その中でビジネスモデルから収益ができるか。

 

当たり前だが事業をするにあたって売り上げを出す必要がある。

しかし、寄付となると相当難しい。対価に見合う使い道が大事である。

私もポイントで寄付をしているが、まさに理念に感銘を受け、役に立てばと思い寄付する。(ポイントで寄付できるのは負担感が少ないこともある)

iPS細胞研究所は継続的に寄付を集め、そのお金で研究に必要なもの、人に使い、研究成果を出している。

しかも、特許をもっているが、非営利団体には無償で提供している。


そこで、寄付する私の思いは、お金に気にせず、どんどん研究してほしいからだ。

また自分の病気がいつか治ればという希望もある。

 

寄付先のディスクロージャー資料を読まないひとも多いかもしれないが、寄付をした後も、満足感にひたるだけでなく、どのように使われたかという点も見てみるのもいいと思う。