ゆるーく頑張るブログ

統合失調症と性同一性障害と戦う日々

付加年金と年金生活者支援給付金

あまりこの付加年金と年金生活者支援給付金との関係が書かれていないので、ブログに書いておく。

 

そもそも付加年金とは、

付加年金額は、「200円×付加保険料納付月数」です。例えば、20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は次のとおりとなります。

付加保険料を納めた分は、2年間でモトが取れます!

200円 × 480月(40年) = 96,000円

(毎月の定額保険料(令和元年度:16,410円)を40年間納めた場合⇒780,100円※令和元年度時点の金額)

というものである。毎年老齢基礎年金に加えて毎年96000円を支給する。

 

一方で、年金生活者支援給付金とは

年金の収入や所得が一定額以下の非課税世帯であって、65歳以上の人に給付される。支給額は年6万円(月5000円)である。

 

そこで、この両方を満額もらえると思ったらそうではない。

パブリックコメント:結果公示案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

 

順に説明すると、

国民年金保険料を40年納めて老齢基礎年金を満額受給する人は、年金生活者支援給付金を月5000円をもらえる。

国民年金保険料に加え、付加年金を納めた人は、収入条件を超えてしまい、補足的老齢年金生活者支援給付金をわずかもらえるだけ。付加年金の意義が薄れる。

障害年金の人にはもらえるのかというと、年金生活者支援給付金は月5000円もらえる。が、65歳以降に老齢基礎年金の受給するときに付加年金の給付が行われるので、65歳以上でも障害基礎年金を受給している人は付加年金はもらえない。

(付加年金や老齢基礎年金は65歳より前に繰り上げ受給できますが、老齢年金生活者支援給付金は65歳からです)


これは付加年金を納めてきた人にとっては、納めた割にはお得感がないものなのかもしれません

黄金株と親子上場

黄金株とは種類株式のひとつで、拒否権のある議決権と呼ばれるものである。

国際石油開発帝石が拒否権付種類株式(1株)を政府に割り当て、残りの普通株式を上場させている。

もともと公団時代から国が出資経営したからである。

www.inpex.co.jp

 

普通株式だけでいけば45%を外国の投資家が買っており、かなり国際的な株である。

経営権を握るために、どれだけ株式を買収しても、たとえ政府が普通株をすべて売っても1株の黄金株によって拒否できる。外資の手には石油権益を渡さないという強い現れかもしれない。
少しずれたが、ともかく種類株式を発行しながら、普通株式を上場するというのは、普通株式を有する投資家にとって議決権行使する意義があるのかわからないのだ。

政府が大株主として株式を有する例は多いのは残念だ。が、私は、近年、完全民営化したJR九州はかなり評価する。やはり上場し資金を投資家から集める以上、すべて流動株にして売買可能にしてほしい。

 

親子上場もやめるべきだ。

親子上場を行っている企業一覧 - Wikipedia

郵政公社でもソフトバングでもNTTでもそうだ。一時の上場子会社を完全子会社化したブームがどこへ行ったのか。

イオングループなんて子会社のほうが稼いでいるのに、子会社の株式の一部しかイオン本体に残らず利益は少ない。
一方で、セブンアンドアイのように、イトーヨーカドーセブンイレブンなどがコングロマリットになって、株価が低迷しているのも興味深い。

 

なお、配当を多くする代わりに議決権のない優先株式を発行し上場している伊藤園もある。

 

ストーリーと寄付のビジネスモデル

事業を行なうにあたって、企業の経営理念が必要だ。

そして、その中でビジネスモデルから収益ができるか。

 

当たり前だが事業をするにあたって売り上げを出す必要がある。

しかし、寄付となると相当難しい。対価に見合う使い道が大事である。

私もポイントで寄付をしているが、まさに理念に感銘を受け、役に立てばと思い寄付する。(ポイントで寄付できるのは負担感が少ないこともある)

iPS細胞研究所は継続的に寄付を集め、そのお金で研究に必要なもの、人に使い、研究成果を出している。

しかも、特許をもっているが、非営利団体には無償で提供している。


そこで、寄付する私の思いは、お金に気にせず、どんどん研究してほしいからだ。

また自分の病気がいつか治ればという希望もある。

 

寄付先のディスクロージャー資料を読まないひとも多いかもしれないが、寄付をした後も、満足感にひたるだけでなく、どのように使われたかという点も見てみるのもいいと思う。

キャッシュレスと金券ショップ

金券ショップは、金券と現金とを交換するビジネスだ。

新幹線回数券、株主優待、クオカード、図書カードなど様々。

買取価格を原価に、数十円の利ザヤを乗せ、販売する。なんて細かい話なのか。でも低金利の時代に助かるシステムでもある。

金券ショップの収入印紙に消費税が課税になるかといろいろ考えたこともあった。

 

それはさておき、いまやキャッシュレスが進行中。クレジットカード決済のポイントが1%もあれば御の字なのに、キャッシュレスアプリを入れておくと、10%、いや20%も還元する驚異的なキャンペーンをしている。

電子マネーである程度、現金の小銭は流通が減った。今度は、金券も現金もなくなるかもしれない。

国民年金保険料

国民年金保険料をpay-easyで支払った。

実に簡単に終わった!

あっけないと思ったくらい。一々コンビニにいってATMから現金を引き出して、そしてコンビニの列に並んで、コンビニの店員さんにお金払ってとか面倒なことは一切なし。

しかも手数料無料。

 

クレジットカードの支払いや口座振替もできるそうな。

大塚家具のかぐや姫

なぜにここまで経営陣でいたいのか一端が見えてきた

 

biz-journal.jp

大塚家具に配当をするほどの現預金が残っているのだろうか。でも配当をしないと資産管理会社と共倒れである。